かんたん漢方薬ガイド
漢方薬とは生薬とは長所と短所副作用と注意点選び方飲み方漢方薬はどこで買うの?漢方薬の保険適用
TOP > 漢方薬 > 生薬 >

麻黄

(まおう)
麻黄(まおう)
中国北部などの砂漠地帯に分布するフタマタマオウやシナマオウの地下茎です。
気管支喘息などの呼吸器疾患全般に効果のある成分「エフェドリン」が含まれています。

麻黄の効能一覧

利胆作用(胆汁の分泌促進作用)
交感神経興奮作用
発汗作用
鎮咳作用
利尿作用
解熱作用

麻黄の副作用や注意点

漢方生薬のなかでは比較的作用が強いので、心臓疾患のある方、高血圧の方、あるいは高齢者には注意が必要です。

麻黄のマメ知識

日本人の長井長義氏が麻黄から一つのアルカロイドを単離し、エフェドリンと命名しました。アメリカなどではエフェドラと称してダイエット用に用いられたこともありますが、危険性が指摘されて多くの国で禁止されたようです。
麻黄を含む漢方薬
小青竜湯 (しょうせいりゅうとう)
五虎湯 (ごことう)
麻杏甘石湯 (まきょうかんせきとう)
葛根加朮附湯 (かっこんかじゅつぶとう)
防風通聖散 (ぼうふうつうしょうさん)
麻黄湯 (まおうとう)
麻黄附子細辛湯 (まおうぶしさいしんとう)
葛根湯 (かっこんとう)
越婢加朮湯 (えっぴかじゅつとう)
漢方薬 症状別
頭痛
発熱
咳(せき)
喉の痛み
鼻水・鼻づまり
にきび・湿疹
眠れない(不眠症)
耳鳴り
肩こり
腰痛
疲れ・だるさ
吐き気・二日酔い
めまい
眼精疲労
肥満(ダイエット)
貧血
胃腸が弱い・胸焼け
下痢・消化不良
便秘

冷え性
生理痛・生理不順
夜尿症(おねしょ)
頻尿
排尿困難・小便痛い
漢方薬 病名別
喘息(ぜんそく)
アトピー
花粉症
高血圧
低血圧
脳梗塞
逆流性食道炎
痛風
リウマチ
糖尿病
自律神経失調症
うつ病
膀胱炎
尿路結石・尿管結石
インポテンツ
メニエール病
円形脱毛症
神経痛
蓄膿症
ガン
不妊症
更年期障害
Copyright © 2010-2017 かんたん漢方薬ガイド by Quorico All Rights Reserved.
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン