かんたん漢方薬ガイド
漢方薬とは生薬とは長所と短所副作用と注意点選び方飲み方漢方薬はどこで買うの?漢方薬の保険適用
TOP

眠れない(不眠症)に効果のある漢方薬

(8種類)
【体質】 比較的体力がなく虚弱で疲れやすい人に向きます。
【効能】 生理不順や生理痛、頭痛、倦怠感、不眠、アレルギー性の諸症状などに適します。イライラや不安からの肌荒れやにきびに効果がある他、下半身の症状(膀胱炎、インポテンツなど)にも適応します。また、大きな手術後の不安感を抑えるのにも用いられることもあります。
柴胡(さいこ)芍薬(しゃくやく)当帰(とうき)茯苓(ぶくりょう)山梔子(さんしし)牡丹皮(ぼたんぴ)甘草(かんぞう)生姜(しょうきょう)薄荷(はっか)蒼朮(そうじゅつ)
【体質】 体力が中くらいで、肋骨下部に張りがあり、のぼせやすい人に向きます。
【効能】 高血圧や動脈硬化、精神面がかかわる疾患全般に効果があります。また、性的機能の低下などにも用います。
柴胡(さいこ)竜骨(りゅうこつ)牡蛎(ぼれい)黄芩(おうごん)大黄(だいおう)半夏(はんげ)人参(にんじん)茯苓(ぶくりょう)桂枝(けいし)生姜(しょうきょう)大棗(だいそう)
【体質】 中年以降で体力が中くらい、のぼせやすく高血圧の人に向く処方です。
【効能】 頭痛、めまい、眼の充血、耳鳴り、肩こり、のぼせ、不眠など、高血圧や動脈硬化に伴う諸症状に適用します。起床時から午前中にかけての頭痛に効果があります。
釣藤鈎(ちょうとうこう)石膏(せっこう)茯苓(ぶくりょう)半夏(はんげ)防風(ぼうふう)菊花(きくか)人参(にんじん)麦門冬(ばくもんとう)陳皮(ちんぴ)生姜(しょうきょう)甘草(かんぞう)
【体質】 体力のあまりない繊細な人で、肋骨下部に張りのあるときに向いています。
【効能】 風邪がこじれて微熱や頭痛が続くとき、更年期障害、神経症や不眠症、また精神面が関わる動悸などに適しています。
柴胡(さいこ)桂枝(けいし)乾姜(かんきょう)黄芩(おうごん)牡蛎(ぼれい)甘草(かんぞう)
【体質】 体力がない方で、やせて顔色が悪く神経質な人に向きます。
【効能】 不眠や夜尿症などの他、精神面がかかわる病気に用いられます。また、性的機能の回復にも使われることがあります。
桂枝(けいし)竜骨(りゅうこつ)牡蛎(ぼれい)芍薬(しゃくやく)生姜(しょうきょう)大棗(だいそう)甘草(かんぞう)
【体質】 体力がある人で、のぼせ気味、また血圧が高めの人に向いています。
【効能】 顔が火照る、イライラ感、不眠、動悸、胃炎、肩こり、めまい・耳鳴り、などに効果があります。また、体が温まると上半身に出てくるアトピーにも適用します。
黄連(おうれん)黄柏(おうばく)山梔子(さんしし)
【体質】 比較的体力のある人で、イライラすることが多く、便秘がちの人に向く処方です。
【効能】 のぼせや火照り、鼻血などの出血、イライラ感や不安感、不眠、便秘に効果がある他、高血圧にともなう頭重感や肩こりなどに適しています。
黄連(おうれん)黄芩(おうごん)大黄(だいおう)
【体質】 体力が中くらい以上の人で、不眠や頭痛、口が乾きやすい人に向きます。
【効能】 手足の火照りが激しく安眠できない場合などに用います。
黄芩(おうごん)苦参(くじん)地黄(じおう)
漢方薬 症状別
頭痛
発熱
咳(せき)
喉の痛み
鼻水・鼻づまり
にきび・湿疹
眠れない(不眠症)
耳鳴り
肩こり
腰痛
疲れ・だるさ
吐き気・二日酔い
めまい
眼精疲労
肥満(ダイエット)
貧血
胃腸が弱い・胸焼け
下痢・消化不良
便秘

冷え性
生理痛・生理不順
夜尿症(おねしょ)
頻尿
排尿困難・小便痛い
漢方薬 病名別
喘息(ぜんそく)
アトピー
花粉症
高血圧
低血圧
脳梗塞
逆流性食道炎
痛風
リウマチ
糖尿病
自律神経失調症
うつ病
膀胱炎
尿路結石・尿管結石
インポテンツ
メニエール病
円形脱毛症
神経痛
蓄膿症
ガン
不妊症
更年期障害
Copyright © 2010-2017 かんたん漢方薬ガイド by Quorico All Rights Reserved.
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン