かんたん漢方薬ガイド
漢方薬とは生薬とは長所と短所副作用と注意点選び方飲み方漢方薬はどこで買うの?漢方薬の保険適用
TOP

漢方薬の副作用と注意点について

「漢方薬には副作用がない」というのは間違いです。漢方薬は様々な特長の生薬を組み合わせることによって、副作用を出しにくい仕組みになっていますが、用法・用量を守らなかったり、選んだ漢方薬がその人の体質にあっていなかった場合は強い副作用が出ることがあります。

また、漢方薬には何々と何々の成分を含むものは一緒に服用してはならないというルールが多いです。重大な副作用を引き起こすケースも考えられますので、必ず守るようにしてください。

なお、その人の体質にあった処方を出しても、治療の過程で、一時的に病状が悪化する「瞑眩」(めんげん)という症状が出る場合もあります。
しかし、副作用と瞑眩の違いは、素人判断でわかるものではありません。

代表的な副作用として次のようなものがあるので、下記のような症状が現れた場合は飲んでいる漢方薬をすぐに中止し、医師に相談してください。

・間質性肺炎
漢方薬を服用して2〜4週間後に見られることがある副作用です。息苦しさ・空咳・寒気のない発熱が主な症状です。また、 症状は風邪に似ているので注意が必要です。

・偽アルドステロン症
カリウムが体外に排出されることで高血圧や浮腫(むくみ)が症状として現れます。「甘草」という生薬を含む漢方薬が起こす可能性のある副作用です。「甘草」は漢方薬によく配合されるので注意が必要です。

•尿量減少
「麻黄」という生薬の入った漢方薬が起こしうる副作用です。高齢の男性によく見られます。排尿時に括約筋が緩みにくくなることが原因です。

[ ← 漢方薬のメリット(長所と短所) ] [ 漢方薬の選び方 → ]


漢方薬って何?
生薬って何?
漢方薬のメリット(長所と短所)
漢方薬の副作用と注意点について
漢方薬の選び方
漢方薬の飲み方
漢方薬はどこで買うの?
漢方薬の保険適用について
漢方薬 症状別
頭痛
発熱
咳(せき)
喉の痛み
鼻水・鼻づまり
にきび・湿疹
眠れない(不眠症)
耳鳴り
肩こり
腰痛
疲れ・だるさ
吐き気・二日酔い
めまい
眼精疲労
肥満(ダイエット)
貧血
胃腸が弱い・胸焼け
下痢・消化不良
便秘

冷え性
生理痛・生理不順
夜尿症(おねしょ)
頻尿
排尿困難・小便痛い
漢方薬 病名別
喘息(ぜんそく)
アトピー
花粉症
高血圧
低血圧
脳梗塞
逆流性食道炎
痛風
リウマチ
糖尿病
自律神経失調症
うつ病
膀胱炎
尿路結石・尿管結石
インポテンツ
メニエール病
円形脱毛症
神経痛
蓄膿症
ガン
不妊症
更年期障害
Copyright © 2010-2017 かんたん漢方薬ガイド by Quorico All Rights Reserved.
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン