かんたん漢方薬ガイド
漢方薬とは生薬とは長所と短所副作用と注意点選び方飲み方漢方薬はどこで買うの?漢方薬の保険適用
TOP

頻尿に効果のある漢方薬

(5種類)
【体質】 体力が低下していて、顔色が悪く、冷えを伴う場合に用います。下腹部に 力が入らなくなった場合も使用目安のひとつです。
【効能】 腰の痛みやしびれ、夜間頻尿、性機能低下、湿疹などに用います。また、上記症状を伴なう前立腺肥大症や糖尿病にも適応します。
地黄(じおう)山茱萸(さんしゅゆ)山薬(さんやく)茯苓(ぶくりょう)沢瀉(たくしゃ)牡丹皮(ぼたんぴ)桂枝(けいし)附子(ぶし)
【体質】 水ぶとりしている人やむくみやすいタイプの女性に向きます。
【効能】 多汗症、むくみ、関節炎によく用いられます。関節炎の場合、水がたまりやすいタイプのものに効果が高いです。
防已(ぼうい)黄耆(おうぎ)蒼朮(そうじゅつ)生姜(しょうきょう)大棗(だいそう)甘草(かんぞう)
【体質】 体力が比較的ない方で、のぼせ気味・暑がりの人に向きます。
【効能】 足腰の痛みやしびれ、夜間頻尿、性機能低下、肌が乾燥して痒いときなどに用います。また、滋養強壮作用が強いので、眼精疲労などにも用いられます。
地黄(じおう)山茱萸(さんしゅゆ)山薬(さんやく)茯苓(ぶくりょう)沢瀉(たくしゃ)牡丹皮(ぼたんぴ)
【体質】 比較的体力のある人に向く処方です。
【効能】 体が熱いときや手足の発赤、痒み(アトピーなど)、異常にのどが渇く、多尿、またそのような症状を伴なう糖尿病に用います。
石膏(せっこう)知母(ちも)甘草(かんぞう)粳米(こうべい)
【体質】 体力が低下していて、顔色が悪く、冷えを伴う場合に用います。下腹部に力が入らなくなった場合も使用目安のひとつです。
【効能】 足腰の冷えや痛み、多尿、尿量減少などの下半身のトラブル。また、上記のような症状をともなう前立腺肥大症や糖尿病に用いられます。
地黄(じおう)山薬(さんやく)山茱萸(さんしゅゆ)茯苓(ぶくりょう)沢瀉(たくしゃ)牡丹皮(ぼたんぴ)附子(ぶし)牛膝(ごしつ)車前子(しゃぜんし)
漢方薬 症状別
頭痛
発熱
咳(せき)
喉の痛み
鼻水・鼻づまり
にきび・湿疹
眠れない(不眠症)
耳鳴り
肩こり
腰痛
疲れ・だるさ
吐き気・二日酔い
めまい
眼精疲労
肥満(ダイエット)
貧血
胃腸が弱い・胸焼け
下痢・消化不良
便秘

冷え性
生理痛・生理不順
夜尿症(おねしょ)
頻尿
排尿困難・小便痛い
漢方薬 病名別
喘息(ぜんそく)
アトピー
花粉症
高血圧
低血圧
脳梗塞
逆流性食道炎
痛風
リウマチ
糖尿病
自律神経失調症
うつ病
膀胱炎
尿路結石・尿管結石
インポテンツ
メニエール病
円形脱毛症
神経痛
蓄膿症
ガン
不妊症
更年期障害
Copyright © 2010-2017 かんたん漢方薬ガイド by Quorico All Rights Reserved.
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン