かんたん漢方薬ガイド
漢方薬とは生薬とは長所と短所副作用と注意点選び方飲み方漢方薬はどこで買うの?漢方薬の保険適用
TOP

咳(せき)に効果のある漢方薬

(13種類)
【体質】 体力が中くらいで、咳こんで顔が紅潮するような時に向きます。
【効能】 痰の少ない乾いた咳、または痰の切れにくい咳などに用いられます。その他、気管支炎、気管支ぜんそくにも用いられます。
麦門冬(ばくもんとう)半夏(はんげ)人参(にんじん)粳米(こうべい)大棗(だいそう)甘草(かんぞう)
【体質】 冷え性で体力が中くらいの人に向きます。
【効能】 気管支喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などに用います。
麻黄(まおう)桂枝(けいし)芍薬(しゃくやく)半夏(はんげ)五味子(ごみし)細辛(さいしん)乾姜(かんきょう)甘草(かんぞう)
【体質】 体質にこだわらず、のどの痛い時に用いることができます。
【効能】 扁桃炎や咽頭炎などで、のどが腫れて発赤し、痛みをともなうときに適しています。
桔梗(ききょう)甘草(かんぞう)
【体質】 心身ともに疲れやすく、冷え症でうつ傾向のある人に向きます。気分がふさいで、
のどがつかえるような感覚がある時によく用いられます。
【効能】 のどに異物感のある神経性胃炎、それに伴なう咳を鎮めたいときに使用します。
最近では逆流性食道炎の治療にも用いられます。単独で用いるほか、喘息の治療には小柴胡湯と組み合わせた「柴朴湯」と呼ばれるものを使用することが多いです。
半夏(はんげ)厚朴(こうぼく)茯苓(ぶくりょう)紫蘇葉(そよう、しそよう)生姜(しょうきょう)
【体質】 比較的体力がある人で、熱があるときに適します。
【効能】 喘息のときの激しい咳や急性の気管支炎に用います。気管支を広げ、痰を出しやすくして呼吸を楽にします。
麻黄(まおう)杏仁(きょうにん)甘草(かんぞう)石膏(せっこう)桑白皮(そうはくひ)
【体質】 体力が中くらいで、口が渇きやすく尿量が少ない人に向きます。
【効能】 急性胃腸炎、むくみ、頭痛、咳、通風、暑気あたり(夏バテ)などに効果があります。また、喘息などのアレルギーや免疫系がかかわる病気にも処方されます。
柴胡(さいこ)黄芩(おうごん)半夏(はんげ)人参(にんじん)甘草(かんぞう)生姜(しょうきょう)大棗(だいそう)猪苓(ちょれい)茯苓(ぶくりょう)沢瀉(たくしゃ)桂枝(けいし)白朮(びゃくじゅつ)
【体質】 比較的体力があり、喉が渇きやすい人に適しています。
【効能】 激しい咳や気管支ぜんそく、小児ぜんそくに適応します。気管支を広げ、また痰を出しやすくして呼吸を楽にします。
麻黄(まおう)杏仁(きょうにん)石膏(せっこう)甘草(かんぞう)
【体質】 体力があまりない方で、疲れやすく、胃腸の弱い人に適しています。
【効能】 少し長びいている風邪、インフルエンザ、気管支炎、胃腸炎などに適応します。
人参(にんじん)茯苓(ぶくりょう)半夏(はんげ)陳皮(ちんぴ)葛根(かっこん)桔梗(ききょう)枳実(きじつ)前胡(ぜんこ)生姜(しょうきょう)大棗(だいそう)甘草(かんぞう)
【体質】 皮膚が浅黒く乾燥し、体力が低下している人に向く処方です。
【効能】 気管支炎、喘息などの呼吸器系の病気が長びき、痰が粘って切れにくく、激しく咳こむときや微熱が続くときに用います。
当帰(とうき)芍薬(しゃくやく)地黄(じおう)天門冬(てんもんどう)麦門冬(ばくもんとう)陳皮(ちんぴ)知母(ちも)黄柏(おうばく)甘草(かんぞう)白朮(びゃくじゅつ)
【体質】 体力が十分ある人に適します。体の弱っている人には不向きです。
【効能】 カゼのひき始めでゾクっと寒気がする時や発熱、ふしぶしの痛み、頭痛がある場合に用います。そのほか、鼻づまり、関節リウマチ、喘息などに適応します。
麻黄(まおう)桂枝(けいし)杏仁(きょうにん)甘草(かんぞう)
【体質】 血の量が不足気味で、出血性の症状がない人。
【効能】 頭部外傷や高血圧及び脳梗塞や小児麻痺によって起こる半身不随、顔面の引きつり、言語障害、脳軟化症の強壮と補助療法に効果があると言われています。
黄耆(おうぎ)当帰(とうき)芍薬(しゃくやく)川芎(せんきゅう)桃仁(とうにん)紅花(こうか)地竜(じりゅう)
【体質】 体力が中くらいで、のぼせやすく、肋骨下部に張りを感じる人に向きます。
【効能】 肝炎や胃炎、吐き気、食欲不振、少しこじれたカゼなどに適しています。 気を落ち着かせる性質を持っているので、精神面が関わる疾患にも用いられます。また、喘息などのアレルギーや免疫系がかかわる病気にも処方されます。
黄芩(おうごん)柴胡(さいこ)半夏(はんげ)人参(にんじん)甘草(かんぞう)生姜(しょうきょう)大棗(だいそう)
【体質】 体力があまりなく虚弱なひと、もしくは高齢の人に向いています。
【効能】 カゼのひき始めで、倦怠感と悪寒が著しく、微熱、めまい、ふしぶしの痛み、頭痛などをともなうときに用います。
麻黄(まおう)附子(ぶし)細辛(さいしん)
漢方薬 症状別
頭痛
発熱
咳(せき)
喉の痛み
鼻水・鼻づまり
にきび・湿疹
眠れない(不眠症)
耳鳴り
肩こり
腰痛
疲れ・だるさ
吐き気・二日酔い
めまい
眼精疲労
肥満(ダイエット)
貧血
胃腸が弱い・胸焼け
下痢・消化不良
便秘

冷え性
生理痛・生理不順
夜尿症(おねしょ)
頻尿
排尿困難・小便痛い
漢方薬 病名別
喘息(ぜんそく)
アトピー
花粉症
高血圧
低血圧
脳梗塞
逆流性食道炎
痛風
リウマチ
糖尿病
自律神経失調症
うつ病
膀胱炎
尿路結石・尿管結石
インポテンツ
メニエール病
円形脱毛症
神経痛
蓄膿症
ガン
不妊症
更年期障害
Copyright © 2010-2017 かんたん漢方薬ガイド by Quorico All Rights Reserved.
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン