かんたん漢方薬ガイド
漢方薬とは生薬とは長所と短所副作用と注意点選び方飲み方漢方薬はどこで買うの?漢方薬の保険適用
TOP > 漢方薬 >

葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう)

肩こりや神経痛、関節痛などに用いられる漢方薬です。交感神経を刺激し病因を追い出す「麻黄」、穏やかな発汗・発散作用のある「桂枝」、痛みを和らげる「芍薬」、無駄な水分を取り除く「蒼朮」、体を温める「附子」などで構成されています。

葛根加朮附湯の配合生薬

甘草(かんぞう)蒼朮(そうじゅつ)大棗(だいそう)芍薬(しゃくやく)桂枝(けいし)麻黄(まおう)生姜(しょうきょう)附子(ぶし)葛根(かっこん)

葛根加朮附湯の効能一覧

風邪などに効果のある「葛根湯」に体を温める生薬をさらに足した漢方薬で、寒気が強い場合に用います。肩こり、筋肉痛、神経痛、上半身の関節リウマチ、頭痛などに効果があります。

葛根加朮附湯に適応する体質

体力が中くらいの人に向きます。体力が充実している時や暑がりでのぼせやすい人には不向きです。

葛根加朮附湯の副作用や注意点

「麻黄」には、心臓や血管に負担をかけるエフェドリン類が含まれます。そのため、高血圧や心臓病など、循環器系に病気のある人は慎重に用いる必要があります。また、配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。
漢方薬 症状別
頭痛
発熱
咳(せき)
喉の痛み
鼻水・鼻づまり
にきび・湿疹
眠れない(不眠症)
耳鳴り
肩こり
腰痛
疲れ・だるさ
吐き気・二日酔い
めまい
眼精疲労
肥満(ダイエット)
貧血
胃腸が弱い・胸焼け
下痢・消化不良
便秘

冷え性
生理痛・生理不順
夜尿症(おねしょ)
頻尿
排尿困難・小便痛い
漢方薬 病名別
喘息(ぜんそく)
アトピー
花粉症
高血圧
低血圧
脳梗塞
逆流性食道炎
痛風
リウマチ
糖尿病
自律神経失調症
うつ病
膀胱炎
尿路結石・尿管結石
インポテンツ
メニエール病
円形脱毛症
神経痛
蓄膿症
ガン
不妊症
更年期障害
Copyright © 2010-2017 かんたん漢方薬ガイド by Quorico All Rights Reserved.
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン