かんたん漢方薬ガイド
漢方薬とは生薬とは長所と短所副作用と注意点選び方飲み方漢方薬はどこで買うの?漢方薬の保険適用
TOP > 漢方薬 > 生薬 >

桂枝

(けいし)
桂枝(けいし)
桂枝(けいし)は、漢方用語で一般には肉桂(ニッケイ)、最近では「シナモン」の方が通じる人が多いかもしれません。ほとんどは食品(香辛料)として使われ、漢方生薬として使われるのは20%ほど。漢方では温熱の作用があるとされ、多くの方剤に処方されています。

桂枝の効能一覧

体を温める作用
発汗、発散作用
健胃作用

桂枝の副作用や注意点

特になし

桂枝のマメ知識

桂枝の原産地はインド南部、スリランカあたりです。紀元前にアラビア人の手でエジプトからヨーロッパへ伝わりました。エジプトでは、王様の死体をミイラ化するのに防虫剤としても使われたそうです。現在では、生産の中心は中国南部からベトナムにかけての海よりの地域です。
桂枝を含む漢方薬
小青竜湯 (しょうせいりゅうとう)
柴苓湯 (さいれいとう)
柴胡加竜骨牡蛎湯 (さいこかりゅうこつぼれいとう)
葛根加朮附湯 (かっこんかじゅつぶとう)
桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)
八味地黄丸 (はちみじおうがん)
柴胡桂枝乾姜湯 (さいこけいしかんきょうとう)
温経湯 (うんけいとう)
麻黄湯 (まおうとう)
桂枝加竜骨牡蛎湯 (けいしかりゅうこつぼれいとう)
葛根湯 (かっこんとう)
桂枝湯 (けいしとう)
安中散 (あんちゅうさん)
五苓散 (ごれいさん)
小建中湯 (しょうけんちゅうとう)
漢方薬 症状別
頭痛
発熱
咳(せき)
喉の痛み
鼻水・鼻づまり
にきび・湿疹
眠れない(不眠症)
耳鳴り
肩こり
腰痛
疲れ・だるさ
吐き気・二日酔い
めまい
眼精疲労
肥満(ダイエット)
貧血
胃腸が弱い・胸焼け
下痢・消化不良
便秘

冷え性
生理痛・生理不順
夜尿症(おねしょ)
頻尿
排尿困難・小便痛い
漢方薬 病名別
喘息(ぜんそく)
アトピー
花粉症
高血圧
低血圧
脳梗塞
逆流性食道炎
痛風
リウマチ
糖尿病
自律神経失調症
うつ病
膀胱炎
尿路結石・尿管結石
インポテンツ
メニエール病
円形脱毛症
神経痛
蓄膿症
ガン
不妊症
更年期障害
Copyright © 2010-2017 かんたん漢方薬ガイド by Quorico All Rights Reserved.
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン