かんたん漢方薬ガイド
漢方薬とは生薬とは長所と短所副作用と注意点選び方飲み方漢方薬はどこで買うの?漢方薬の保険適用
TOP > 漢方薬 > 生薬 >

生姜

(しょうきょう)
生姜(しょうきょう)
生姜(ショウキョウ)とは、その名の通り「ショウガ」のことです。生薬としては根を乾燥させたものを使います。発汗により寒気を伴う風邪の初期症状の治療に使われ、体を温める効果があります。発汗を促し、血液の循環もよくなるので、胃腸の機能低下防止などに使われることが多いです。また、鎮咳作用、去痰作用があるので、風邪薬の成分として処方されています。

生姜の効能一覧

発散作用
健胃作用
鎮吐作用(吐き気を抑える作用)

生姜の副作用や注意点

特になし

生姜のマメ知識

表面の皮を取り去り、蒸して乾燥させたものは乾姜(かんきょう)と呼ばれ、興奮作用・強壮作用・健胃作用があるとされています。
生姜を含む漢方薬
半夏厚朴湯 (はんげこうぼくとう)
加味逍遙散 (かみしょうようさん)
補中益気湯 (ほちゅうえっきとう)
柴苓湯 (さいれいとう)
六君子湯 (りっくんしとう)
葛根加朮附湯 (かっこんかじゅつぶとう)
参蘇飲 (じんそいん)
防風通聖散 (ぼうふうつうしょうさん)
柴胡加竜骨牡蛎湯 (さいこかりゅうこつぼれいとう)
小柴胡湯 (しょうさいことう)
大柴胡湯 (だいさいことう)
釣藤散 (ちょうとうさん)
桂枝加竜骨牡蛎湯 (けいしかりゅうこつぼれいとう)
呉茱萸湯 (ごしゅゆとう)
帰脾湯 (きひとう)
葛根湯 (かっこんとう)
半夏白朮天麻湯 (はんげびゃくじゅつてんまとう)
小柴胡湯加桔梗石膏 (しょうさいことうかききょうせっこう)
防已黄耆湯 (ぼういおうぎとう)
温経湯 (うんけいとう)
桂枝湯 (けいしとう)
ニ朮湯 (にじゅつとう)
小建中湯 (しょうけんちゅうとう)
平胃散 (へいいさん)
排膿散及湯 (はいのうさんきゅうとう)
越婢加朮湯 (えっぴかじゅつとう)
柴陥湯 (さいかんとう)
漢方薬 症状別
頭痛
発熱
咳(せき)
喉の痛み
鼻水・鼻づまり
にきび・湿疹
眠れない(不眠症)
耳鳴り
肩こり
腰痛
疲れ・だるさ
吐き気・二日酔い
めまい
眼精疲労
肥満(ダイエット)
貧血
胃腸が弱い・胸焼け
下痢・消化不良
便秘

冷え性
生理痛・生理不順
夜尿症(おねしょ)
頻尿
排尿困難・小便痛い
漢方薬 病名別
喘息(ぜんそく)
アトピー
花粉症
高血圧
低血圧
脳梗塞
逆流性食道炎
痛風
リウマチ
糖尿病
自律神経失調症
うつ病
膀胱炎
尿路結石・尿管結石
インポテンツ
メニエール病
円形脱毛症
神経痛
蓄膿症
ガン
不妊症
更年期障害
Copyright © 2010-2017 かんたん漢方薬ガイド by Quorico All Rights Reserved.
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン